スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれ用カラコンが社会問題に


独立行政法人の製品評価技術基盤機構が10日発表したおしゃれ用カラーコンタクトレンズの健康被害調査で、角膜炎や結膜炎など目の障害の53%が誤使用、17%が品質不良に起因することが分かった。医師の診断を受けた人は10代半ばから20代前半の女性が9割を占めた。
 誤使用のうち最も多かったのは、使った後に洗わなかったり、保存液を交換しなかったりする「手入れ不良」。次いで「長時間使用」「使用法の理解不足」「付けたままの就寝」となった。医療機関の受診者で、購入前に説明を受けたのは16%にとどまる一方、説明書をもらっていない人は34%に上った。購入方法はインターネットや通信販売が47%を占め、61%がほぼ毎日使っていると回答した。
 おしゃれ用のカラーコンタクトは視力補正機能を備えておらず、安全規制や商品説明の表示義務がない。大半は韓国や台湾からの輸入品(年500万枚)で、目の健康被害が相次いでいる。製品評価技術基盤機構は同日、視力補正用製品と同様の規制が必要とする提言を厚生労働、経済産業両省に出した。
 調査は2007年12月-08年2月に実施。167人の医師、98人の受診者が回答した

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

マイクロアド



Trend Match
Ads by ADWIRES
広告掲載 パートナー大募集
アフィリエイトB
転職サイトならDODA
薬剤師 転職
フコイダン
キャッシング 比較
韓国 旅行なら
ショッピングカートならカラーミーショップ
エコポイントでお得!
リフォームでギフトカード等の商品と交換!
FXセミナー&為替予想 FXで稼ぐ・儲ける!FXスクール
美容皮膚科
不動産担保ローン
不動産担保ローン
A8net
ポイントサイト

infoQ
新規モニター登録
プレコ
research-artisan
あしあと

パートナー募集

優遇のアフィリエイトサービス
アフィリエイター優遇のアフィリエイトサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。